新規の仕事を成功させる方法

皆さんは、新規の仕事を始めようとする際に、
何から手を付けて良いか悩んだことはりませんか?

今回はそんな新しく仕事を始める際にやることと、
その仕事を成功させる方法をお伝えしますね。

先日コンサルファーム時代に支援していた会社から、
あるプロジェクトの事業本部表彰受賞記念の慰労会への
お誘いがあり、参加しました。

その会は外部から参加したのは私だけでしたが、なぜ
私に声がかかったかというと、そのプロジェクトへの
功績が大きかったからということでした。

 

計画を立てる

私がそのプロジェクトを支援したのは、立上げの3か月
のみでしたが、その間に何をして評価されたかというと、
計画を立て、その計画にしたがって開始したということです。

 

では、「計画を立て段階で何をしたかというと、
簡単にいうと以下のような内容になります。

① いつまでに何をやるかを明確にする
(スケジュールとゴール設定)

② どの期間でどんなことをやるかを明確にする
(フェーズ設定)

③ やりたいことを実行するために必要な人を明確にする
(体制の確認)

④ 人が仕事をやりやすくするために必要なことを明確にする
(コミュニケーションの方法を決める)

 

片付ける経営でやること

これらのことを「片付ける経営」の考え方にしたがって、計画
することで仕事がスムーズに進むようになります。

① ゴールを達成するために、必要のないものは、できるだけ
「すてる」

② ゴールを達成するために必要な仕事を、実施する期間と内容で
「わける」

③ わけた仕事を実施する役割を決めて、その役割を担う人に
「しまう」

④ これら決めたことをうまく進めていくための仕組みを作る
「しまう」の一環

実際に上記の点を決めて、関係者と合意して、プロジェクトを
開始しただけで、現在も円滑に進行しているのです。

そして、期間中にメンバーが交代しても何の問題もありません。

なぜなら、「しまう」場所が変わっただけだからです。

しっかり仕事と役割が決められていて、その仕事が別の人に
任せられても、実行するための仕組みができているから問題
ないのです。

もう少し具体的な内容は、次回以降でお話しします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA