プロフィール


磯島 裕樹(いそじま ひろき)

1976年兵庫県神戸市生まれ、神奈川県横浜市在住。

慶應義塾大学卒業後、株式会社NTTデータに入社。

基盤系のシステムエンジニアとして、主にデータベースやネットワークを中心にシステムの企画/要件定義~構築・運用まで全般にわたって従事。

30代前半で、数百億円規模の案件提案の基盤リーダーを任されるが、責任の重さとハードワークが原因で、案件受注後に体調を崩す。

会社を数か月間休職することになり、その間に自分の人生を振り返った結果、これまでの仕事に対する取り組み方を改める必要があると気づき、復職後に中小企業診断士の資格を取得。

休職してから資格取得の期間に以下のことに気づく。

・自分ができるからといって、できる仕事を何でも引き受けてはいけない
・自分だからこそ提供できる価値を見つけ、その価値をしっかり提供すべき

このような考えのもと、より経営層に近い環境での仕事を求め、株式会社NTTデータを退職し、株式会社ベイカレント・コンサルティングに入社。

複数の企業でプロジェクト支援をしていくなかで、短い時間でアウトプットする・結果を出すことで、自分の価値を提供し、クライアントから常に高い評価をいただく。

多くの企業が、マネジメント層においても社員においても、「仕事の範囲(スコープ)を明確にしない」まま、「自分たちの役割も明確にせず」、「自分たちのできることを頑張る」という仕事のスタイルであり、長時間労働となる傾向があるため、その現場にあった仕組みを提供するように尽力。

その後、本格的に中小企業向けの支援に注力したいと考え、独立。これまでの企業支援で構築した仕組みづくりを『片付ける経営』として展開中。


◇資格
中小企業診断士
情報処理安全確保支援士
Project Management Professional(米国PMI®認定)
ネットワークスペシャリスト
公認情報セキュリティ監査人補


◇所属団体
東京都中小企業診断士協会 城南支部
独立行政法人 情報処理推進機構 研究員
株式会社コンサラート 執行役員