仕事をコントロールするためにすべきこと

前々回、以下の流れで計画することで、仕事を
スムーズに進めることができるとお伝えしました。

① ゴールを達成するために、必要のないものは、できるだけ
「すてる」
② ゴールを達成するために必要な仕事を、実施する期間と内容で
「わける」
③ わけた仕事を実施する役割を決めて、その役割を担う人に
「しまう」
④ これら決めたことをうまく進めていくための仕組みを作る
「しまう」の一環

今日は②③について、もう少し詳しくお伝えしますね。

工事やシステム開発の仕事は、明確に工程が分けられ、
どんな仕事でもある程度、工程(フェーズ)があって、
その工程ごとに必要なモノや能力は異なります。

家を建てる場合

例えば家を建てる工程の一部を考えてみましょう。
・基礎工事
・躯体工事
・屋根工事
・外装工事
・内装工事
・塗装工事

など、いろいろな工事があり、それぞれ技術をもった
職人さんが作業することはイメージできると思います。

工事の順番や時期が決まって、作業する職人さんが
揃わなければ家は予定通りには建ちませんよね。

コントロールすることの重要性

そして、これらをコントロールすることも重要です。

では、コントロールするためには、何をすれば良い
でしょうか?

それは、「ゴールを達成するために絶対にやらなくては
ならないこと」を明確にすることです。

これさえ明確になっていれば、いざとなったときに
やらないという選択肢を使えるからです。

 

経営者が仕事を管理する立場であれば、計画を立て、
仕事の順番や優先度を決め、誰がやるかを明確にする
ことは常に考えていると思います。

こういったことは、ご自身の頭の中で行って指示する
ことが多いのではないでしょうか。

しかし、言葉だけではうまく伝わらず、やり直したり
とムダなことをやってしまうこともあります。

見える化して共有することで、激的に改善することが
ありますので、仕組み作りも重要です。

仕組み作りの話は、また次回に。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA