軽減税率に対応するレジの導入等を補助金で支援

中小企業庁は、消費税軽減税率制度の実施に伴い対応が必要となる
中小・小規模事業者に対して、複数税率対応レジや券売機の導入・
改修、受発注システム、請求書管理システムの改修等に要する経費
の一部を補助することにより、準備が円滑に進むよう支援してきま
したが、この度、対応レジの導入等を幅広く促進するため、補助金
の手続要件を変更しました。

(変更点の概要)
●軽減税率対応レジ・券売機の導入・改修の支援
【変更前】
2019年9月30日(月)までにレジ・券売機の設置(導入・改修)、
支払いを完了し、2019年12月16日(月)までに補助金を申請する。

【変更後】
2019年9月30日(月)までにレジ・券売機の契約等の手続きを完了し、
2019年12月16日(月)までにレジ・券売機の設置(導入・改修)、
支払いを完了し、
補助金を申請する。

 

●請求書管理システムの導入・改修の支援
【変更前】
2019年9月30日(月)までに請求書管理システムの導入・改修、
支払いを完了し、2019年12月16日(月)までに補助金を申請する。

【変更後】
2019年9月30日(月)までに請求書管理システムの契約等の手続き
を完了し、2019年12月16日(月)までに請求書管理システムの導入・
改修、支払いを完了し、補助金を申請する。

詳細は以下のWEBサイト、公募要領をご確認下さい。
▼軽減税率対策補助金(レジ・システム補助金)について
http://kzt-hojo.jp/
▼軽減税率対策補助金の手続き要件を変更します
https://www.meti.go.jp/press/2019/08/20190828004/20190828004.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA